継ぎ手の役割

継ぎ手は、管と管をつなぐ重要な役割を果たしているものですが、それ以外にも多くの目的をもって、配管根工事に使われています。

継ぎ手が果たしている主な役割としては、まずは流体の方向転換があります。

これは、直角に角度を替えたり、その他の角度で方向を変えるということです。

続いて、流体を分岐させたり、集合させたりする目的もあります。

複数方向から流れてくる流体を集めて1方向にしたり、逆に1方向から流れてきた流体を複数方向に分ける働きをするということです。

その他にも、管を接続させるという基本的な働きはもちろんのこと、直径の違う管同士を結び付けたり、管の終わりや始まりを閉鎖したりするという目的もあります。

さらには、管を回転させたり折り曲げたりすることも出来ますし、景気やバルブを取り付ける時などにも使われています。

継ぎ手とは、単につなぐだけでなく、多くの役割を持っています。

継ぎ手の詳細≫